DCNZ特別講演会(オークランド)

14 October 2015
Comments: 0
14 October 2015, Comments: 0

ダイバーシティ・カウンセリング・ニュージーランド主催特別講演会(オークランド)

DCNZ_Logo11

 

「やっぱり人間関係がたいせつ! 」

 

大阪経済大学人間学部教授であり、AUT客員教授として今年ニュージーランドに滞在している古宮昇(こみや・のぼる)先生をお招きして、特別講演会をオークランドで開催いたします。古宮昇先生は、さまざまな著作を執筆もされておりますし、心理セラピストしても活躍されております。

古宮昇先生には、ニュージーランドでの人間関係の向上に役立ててもらえるように、文化的な違いを理解するためのお話をして頂きます。また、DCNZのマネージャーである国重浩一は、男女間の人間関係の向上に役立ててもらえるように、男女の違い(性差)を理解するための話をします。

みなさまのお越しをお待ちしております。

 


 

講話1:「本人と西洋人 ~何が違うの?どうして違うの? 」

「だからキイウィはこうするのか!」 「日本人がこう感じてこう行動するのはそれでなのね!」

日本人と白人文化では、子育てと親子関係、人間関係、感じ方・考え方など多くの面で違いがあります。何が違うのか&どうして違うのかを心理学の見地から明らかにします。文化の違いについて理解 を深めることで、この国により住みやすくなるでしょう。

講師:古宮昇(こみや・のぼる) 先生

大阪経済大学人間学部教授 AUT客員教授 臨床心理士(日本)

【主な著書】 『ぶり返す!「怒り」「さびしさ」「悲しみ」は捨てられる! 』 『一緒にいて ラクな人 疲れる人』『傾聴術』 『やさしいカウンセリング講義』
など多数 古宮昇先生の著作はこちらから

 


講話2:「これだけある男と女の違い」

男と女の違いのことを性差といいます。人それぞれの違い(個 人差)はありますが、統計的に見ると興味深い違いも見えてきます。この違いについて、わかりやすく説明していきます。気軽に聞いていただける内容です。

講師:国重浩一 (Kou Kunishige)

DCNZマネージャー兼カウンセラー 臨床心理士(日本) 翻訳士 ニュージーランド・カウンセラー協会員

【主な著書】 ナラティヴ・セラピーの会話術』 『震災被災地で心理援助職に何が できるのか?』国重浩一の著作・訳書はこちらから

 


日時:

2015年11月15日(日)

スケジュール:

09:00 受付開始
09:30 「これだけある男と女の違い」
10:30  休憩
10:45 「日本人と西洋人」
12:15 質疑応答
12:30 終了

場所:

Independent Living Service
14 Erson Avenue,
Royal Oak,
Auckland 1061
http://www.ilsnz.org/

参加費:

1人15ドル(16歳以下無料)

会場にて現金でお支払いください。 EFTPOSの利用はできません。

その他:

駐車場は限られております。できるだけご一緒に乗り合わせて来て頂くようお願いいたします

当日参加もOKです。お気軽にご参加ください。ただ、会場を準備するために、事前にできるだけ参加人数を把握しておきたいと考えております。次の連絡先に参加者代表名と人数をお伝えくださるとたいへん助かります(021 0262 5587 or kou.kunishige@dcnz.net

DCNZ CD_JPN010-15Nov2015 in Auckland

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *