2014 April

14 April 2014
Comments: 1

セミナーのご案内『英語と日本語で暮らす子どもたち』(日本語)

14 April 2014, Comments: 1

ダイバーシティ・カウンセリング・ニュージーランド主催 日本語セミナーシリーズ   「英語と日本語で暮らす子どもたち」     ダイバーシティ・カウンセリング・ニュージーランド(DCNZ)では、日本語セミナーシリーズの第二弾といたしまして、次のセミナーを企画いたしましたので、ご案内申し上げます。 子どもたちの英語と日本語の能力をどのようにするのかについては、ニュージーランドに住む日本人にとってたいへん重要な課題だと考えております。お誘い合わせの上、是非ご参加ください。 なお、当日の参加もOKですが、会場設営のために事前に参加人数を把握しておきたいと考えております。あらかじめ参加者代表者名と人数をお知らせ頂けますとたいへん助かります。 ※ 尚、この企画は、英語、中国語、日本語で提供するDCNZのコミュニティ・ディベロップメント(CD)の一環として企画されているものです。提供する言語につきましては、順次増やしていくことを検討しております。   概要: 自分の子どもをバイリンガルにしたいという願いは多くの親が持つものです。ところが、この領域の研究はあまり手が付けられていません。そこで、イギリス、オランダ、中近東、ニュージーランドで暮らし、応用言語学を大学で教えている夫と共に、教師、学生アドバイザー、翻訳家としてさまざまな経験をされてきたバーナード紫さんを講師に迎えて、みんなと一緒にこのテーマについて一緒に考えていきます。   発表者:      バーナード紫 (Yukari Barnard)         WINTEC英語講師、翻訳家 […]


9 April 2014
Comments: 0

Japanese Seminar (日本語セミナー)

9 April 2014, Comments: 0

ダイバーシティ・カウンセリング・ニュージーランド主催の日本語セミナーシリーズにおいて、最初の講演となる『震災被災地におけるこころのケア』を4月6日に開催しました。 参加者の中には、オークランドから駆けつけてくれたいらっしゃいました。このことについては、3年が過ぎてもしっかりと関心を持ってくれている人たちがいるのだということを知る良い機会になりました。 緊急派遣カウンセラーとしてどのような活動をしてきたのかを伝え、いまもなお現地では以前の生活の状態に戻っていないところが多々あるとことをお伝えしました。集団移転、防潮堤のことなどあまり伝わっていないことがあるのだと思った次第でした。 また、ニュージーランドでの集まりでしたが、津波の被害を受けた地域に行ったことがある方もいらっしゃいました。これは、東北大震災への関心の高さを物語っているとは思いますが、その影響があまりにも大きかったので、関係する人も多かったのではないかと見ることもできそうです。 講演の後でいろいろと質問をしてくれたことはたいへんうれしいことでした。また、貴重な感想もいただきました。   マイグラント・リソース・センター ダイバーシティ・カウンセリング・ニュージーランドのカウンセラーチーム(日本人・スリランカ人・中国人) ダイバーシティ・カウンセリング・ニュージーランド(DCNZ)では、今後もできるだけ質の高い日本語セミナーを提供していく予定です。次回のセミナーを現在企画しております。お楽しみに。 なお、DCNZは、日本人向けだけのセミナーだけでなく、中国語でもワークショップなどを提供する準備を進めています。 また、今回の講演に関しましては、英語でも提供することができますので、そのようなニーズがございましたら是非連絡してください。 (国重浩一:Kou Kunishige)